Twitter

SHOP BLOG

ショップブログ

2F・ブルーゾーン

THE KISS

ジュエリー・アクセサリー

10:00~22:00098-873-3777

2021.08.06 Fri.

【おうち時間】金属アレルギーとは

こんにちわ♬2階THE KISSです♡


今回は意外とよく知らない「金属アレルギー」について説明させて頂きます!

 

皆さんはピアスやネックレスをつけていて、肌が痒くなったり赤くなったり、そんな経験ないでしょうか?
このような症状が見られる場合、金属アレルギーの可能性があります。
しかし、金属アレルギーと言っても金属そのものが直接アレルギーを起こすわけではありません!

人体には異物が体内に侵入してくると追い出そうとする働きが備わっております。

特定の金属成分が汗などによって溶け出し、侵入してきた時に皮膚が抗体反応を起こす事で

金属アレルギーが起こります。


この特定の金属をアレルゲンと呼び、人によってアレルゲンとなる物質が違います。
蕎麦アレルギー等の食物アレルギーも人それぞれですよね!
金属アレルギーの場合は遅延型アレルギーと言って、
金属を身に着けているだけでアレルゲン物質が溜まり、
ある時急に症状が現れることもあります。
沖縄では少ないですが、花粉症をイメージして頂くと分かりやすいです!

金属アレルギーの 3大原因金属といわれているのが、
「ニッケル」、「コバルト」、「クロム」です。

銀(シルバー素材)はアレルギーを起こしやすいと思われがちですが、
実はその逆で銀自体はアレルギー反応を起こしにくいのです!
銀は性質上柔らかいので純銀はジュエリーとして適していないと言われています。
その為、合金と言って硬さを出したりするため別の素材を混ぜるのですが、
合金によく使われる「ニッケル」が反応を起こしてしまう事がほとんどの理由です。
安価で加工しやすい素材の為、使っているお店も多くあります。

アレルギーを起こしやすい金属
ニッケル・コバルト・スズ・パラジウム・クロム・亜鉛

アレルギーを起こしにくい金属
 白金(プラチナ)・ 純金・ 銀・ サージカルステンレス・ チタン


THE KISSでは「ニッケル」を使った商品はございませんので、安心してお選び頂けます。
他にも金属アレルギーが出にくいと言われている「K18(18金)、K10(10金)」や「サージカルステンレス(医療用メスや注射器に使われている素材)」「プラチナ」様々な素材の取り扱いがございますので、お客様にとって一番のジュエリーを選ぶお手伝いを一緒にさせて頂ければと思います♡

 

画像

 

 

まとめ
⭐︎金属アレルギーは汗と金属が接触する事で最も起こりやすい。
なので、運動をする際や夏場など暑い気候での使用を控えるなど、
使い方の工夫で金属アレルギーを予防する事ができる。
⭐︎ジュエリーを汗がついたまま、汚れたままにしておかない事が大事です!!

誕生日や記念日、大切な人から貰った思い出の詰まったジュエリーって長く身に付けたいですよね♡
金属アレルギー対策というだけでなく、
細めにクリーニングをするとより良い状態で長くお持ちいただけます!

ご自宅で 3分ほどでできるクリーニングセットも店頭でご用意しておりますので、
お気軽にお立ち寄り下さい♪

 

画像

 

お客様にお会いできる事、楽しみにしております✨

 

 

LINEで送る

最新記事